忍者ブログ

東山のガッキーブログ

大和田で豊岡

修学旅行やツアーなどに随行して、怪我や病気の応急処置、何かあったときの病院の手配をする看護師もいます。子供のいる既婚者は週末に休向ことができたり、夜勤がもとめられない仕事場を願望しています。病院以外の場所で働くのであれば、そこでもとめられる専門の知識を身につけている認定身の世話師であるとか専門看護師の資格を持っていると、雇用される確率(高いからといって必ずしもそれが起こるとは限りません)があがります。看護師の国家試験にパスするよりも、看護学校卒業の方が難しいと思う人も多いといわれています。看護学校はそういわれるほど厳しく、レポートの提出が遅れてしまったり、試問に通らなかったなどのちょっとしたことでも留年指せてしまうようです。厳しい学校を卒業して、国家試問にも受かった人には、ぜひ看護師の職に就いて欲しいですね。

介助師の勤めているところといえば、病院という考えが一般の考えでしょう。


しかしながら、介助師の実力を活かせる仕事場は、病院以外にも様々あります。



保健所において保健師と連携し、地域にお住いの方の健康上のいろいろなケアをするのも介助師の職務です。それと、福祉施設には医師常駐のところは少なく、医療行為は身の世話師が行なう事が多いです。高校入学時に衛生身の世話科で勉強をはじめると、国家試験の受験実力を得るのが他の方法よりも早いので、最速で看病師になれるでしょう。

ですが、途中で介助師になりたいという気もちがなくなっても進路を変えるのは簡単なことではないのです。

さらに、最短5年で鑑査の受験力量を得られるのですが、試験までの期間が短いために勉強や実習に充てる絶対量が足りずに試問に合格するのが簡単ではないという面もあるそうです。実際、身の世話師専用の転職ホームページには、祝い金をもらえるホームページが存在します。転職をすることで祝い金を出してもらえるなんてハッピーですよね。しかし、祝い金を受け取るための条件を満たす必要があることがほとんどですから、事前にしっかりと確認しておくようにする方が損しませんね。

そして、祝い金のないホームページの方がその他のサポートが良いこともあります。


ナースが仕事を変えるタイミングとしていつが良いかというと、夏と冬のボーナスの後に人が動きやすいため、6月、1月あたりが狙い目です。


たしかに、専門職である介助師が不足し困っている仕事場は多いのですが、より良い雇用環境に就くためにも、次の勤め先に移るまで3ヶ月程の期間を設けて、熟慮していくのがよいです。


とにかくすぐジョブチェンジを、ということでないのなら、人材募集が増加してくるタイミングまで経過を見守るのが望ましいです。

看護師の勤務体制は、他の職種にくらべると特殊であり、就職先によっても異なってきます。

仕事場では一般的に、勤務が2交代、あるいは、3交代のシフト制になっているというケースが多いでしょう。2交代制で約3割、3交代制では約7割となっており、3交代制を導入している病院が多いのです。ただ、休日が多いのは2交代制ですから、2交代制の方をもとめる介助師も多いでしょう。

キャリアアップを目指して商売替えを考える身の世話師も世の中にはいます。身の世話師としての技量を高めておくことで、高収入を得ることも可能です。


仕事場によって身の世話師の行なう仕事は異なるため、自分に合う仕事場を検討する事は必要でしょう。自分は内科の外来がピッタリだという人もいれば、特養が合うという人も存在するので、進んで転職するのも良いかも知れません。

やはり、看護師の場合であっても商売替えが何回もあると良くない印象となるのかというと、必ずそうだとは言うことができません。自己アピールの方法次第で、意欲と経験があるといった印象を持ってもらえるかも知れません。

しかし、勤務の期間があまりにも短いと、雇ってもすぐにやめてしまうのではと思われてしまう場合もあるでしょう。



介助師として働く人が商売替えしようとする時、異なった職種への商売替えを考える人も多くいるでしょう。ですが、苦しみながら介助師資格を得ることができたのですから、その力量を活用できる仕事場を見つけた方が良いでしょう。

すごく異なる職種であっても、介助師の実力がプラスにはたらく仕事は非常に多いです。苦労して取得した実力ですから、有効に使わないのは損をしますね。

PR

コメント

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

カテゴリー

P R